講演テーマ
看護師が教えます!!現場で活かす熱中症と脳梗塞の見分け方~判断に迷わないために~

これから夏に向けて熱中症が増えてきますが、中には熱中症ではなく脳梗塞だったという事例もあります。
似ている症状であるがゆえに判断に迷うこともあるかと・・・更に、コロナ対策でマスクをつける機会も増え、ますます熱中症になるリスクが高まると予想されます。
そこで、熱中症と脳梗塞の見分け方や対応方法など看護師が分かりやすくお話いたします。

時間

90分

講演料金

お問合せ下さい

講師:中薗 浜子 Hamako Nakazono

医療福祉接遇インストラクター
ジュニアエデュケーショナルインストラクター
セツグウエデュケーショナルインストラクター
看護師

東京の看護学校を卒業後、総合病院、訪問看護、老人保健施設などで看護師として勤務する。勤務する傍ら、大学の通信課程にてマネジメントを学ぶ。
これまでの臨床での経験を活かした研修内容は、身近で説得力があると評価が高い。受講生が主役となり、毎回、活気のある研修となっている。

モットー
「一人一人の心に響く研修」、「もっと学びたいと思える研修」を心がけております。
受講生に「愛と笑顔と歓び」を届けられるよう日々研鑽しております。

研修実績
病院/特別養護老人ホーム/老人保健施設(千葉県成田市、大阪府、鹿児島市)/グループホーム/社会福祉法人鹿児島県社会福祉事業団/児童クラブ